ゴルフ肘

こんなお悩みは、かもめ整骨院にお任せください

  • スイングすると両肘が痛い
  • マットにクラブをゴンゴンぶつけた後、肘が痛くなった
  • フィニッシュ時に肘をたたむとき激痛が走る
  • 自己流のフォームで練習をしていたら肘が痛くなった
  • 合わない重さのクラブ(重め・軽め)を使っていたら肘が痛くなった

ゴルフ肘の症状

上腕内側上顆炎のことを、通称ゴルフ肘と言います。

良く聞くテニス肘も、ゴルフ肘と同じスポーツ障害ですが、ゴルフ肘とは逆で、外側上顆に炎症を起こした状態です。 安静にしているときはほとんど痛みはありませんが、特定の動きをすると、肘の内側に疼痛(ズキーンと痛む)が生じたり、内側上顆部を押すと、痛んだり不快な感覚が生じます。ゴルフ肘は、上腕(肘から先)の筋肉の緊張により、上腕骨内側上顆に負担がかかって起こるのですから、肘から先の動きが大きく影響します。

ゴルフ肘の原因

ゴルフ肘の炎症を起こす上腕骨内側上顆部は、指や手首を曲げる筋肉(橈側手根屈筋、尺側手根屈筋)、肘を曲げたり内側に捻る筋肉(円回内筋)の付け根にあたる部分です。

手首をひねる動作(ドアノブをひねるような動作)は、手首の関節の動きだと思われがちですが、肘関節と連動した動きです。試しに、手首を逆の手で握っててこの動作を行ってみてください。握った手も一緒に肘から捻らないとできないのがわかりますね。指や手首の動きと、肘は連動しているんです。ですから、手打ちのスイングをするゴルファーに、肘の故障が多いです。ゴルフのスイングでは、手首はほとんど動かさないのですが、腰の回転や肩の動きが悪いと、どうしても手首を使った、“手打ちのスイング” になってしまいます。

ゴルフ肘の治療

ゴルフ肘の治療は、基本的には保存療法を中心に、患部の安静と炎症があれば冷やしていくことで状態は変化していきます。

保存療法→手技療法を中心に、痛みの原因となっている筋肉をほぐしていきましょう。

手技療法:橈骨と尺骨のズレを正常な位置に調整して、肘関節の働きを正常に戻す。

手首を曲げる筋肉と伸ばす筋肉の収縮を取り除き、肘への負担を減らすようにしましょう 。ご自身では、肘へのストレッチを十分に行いましょう。

温熱療法:ホットパックを用いて、温めていくと循環が良くなり、筋肉は弛緩していきます。 他には超音波を用いて、局所の血行を改善させ、筋肉の緊張を取り除き、体内の自然治癒力を高めてくれます。

グループの各院のご紹介

  • 平塚駅北口より徒歩3分平塚院

    平塚院フリーダイヤル0120-184-002

    かもめ整骨院平塚院受付時間

    かもめ整骨院平塚院外観

    〒 254-0034
    神奈川県平塚市宝町9-1
    星和平塚宝町ハイツ1F

    詳細

  • かもめ整骨院花水院

    花水院フリーダイヤル0120-184-417

    かもめ整骨院花水院受付時間

    かもめ整骨院花水院外観

    〒 254-0822
    平塚市菫平8-20 菫平ビル1F

    詳細

ページのトップに戻る